メールマガジン バックナンバーに戻る

常識を変える、シフォンケーキ #76

「シフォンケーキ、好きか?」

シャチョーに唐突に聞かれた女性スタッフ、あたふたしながら、

「せ、積極的にたのむことは、ない、です」

うっ、今日の新作発表会、シフォンケーキだって、言ってたのに・・・
顔面蒼白になっている私に構わず、なぜかシャチョーはしたり顔。

「わしゃ、世の中の常識を変えたかったんやわ」

しわがれた声が、会議室に響きます。

「この子のように、もちゃっとした食感が好きじゃない人が多いんだ」
「そんな人にも、『シフォンケーキっておいしいものなんですね』って言ってほしいんだわ」

思いこみだったり、自分が知っているなかで、こんなもんだと考えていることが、ふとしたきっかけで、
そうだったの?と認識を新たにすることがありますよね。

ウナギと梅干し、蟹と柿を一緒に食べちゃダメだとか。いわゆる昔から信じられている「食べ合わせ」です。
そんなことは、ただの迷信。医学的な根拠はありません。

ほら、いま「えぇ〜!」と思った方、まだまだ認識を新たにするものがあるんです。
ツマガリのシフォンケーキ。しつこいですが(笑)。

私がツマガリにいて、「三大驚いたこと」のひとつがバタークリーム。
このふんわり感は、ぜ〜ったい生クリームだと思っていたのに、実はバタークリームだった。あのときは、世の中がひっくり返るんじゃないかと思うほど、驚きました。

そしてもうひとつがシフォンケーキ。
シフォンケーキによくある、独特の「もちゃっ」とした感じが、新作にはない。むしろ、口のなかで「シュルッ」「ふわっ」と溶けていく。
これはね、もう革命ですね、私のなかでは。

最後はやっぱり、シフォンケーキ!
と、言ってもいいくらいです、ほんと。

ひょっとすると、これはシフォンケーキではないと言われかねないほど、ふんわり生地を作ることにこだわり、上質なアールグレイ紅茶の香りを大切にした、「ツマガリのシフォンケーキ」。
5月10日(日)までの期間限定+通販専用で、お申し込み受付が始まりました。

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン バックナンバーに戻る