メールマガジン バックナンバーに戻る

この夏、心ときめくチーズケーキの意外。 #78

先月受けた健康診断で、残念な結果がでてしまったわたくし。
ココロを入れ替え、ジョギングを始めました。でも、3日もちませんでしたけど(笑)。

そういえば2020年の東京オリンピック。
時間が経つのが早くなっていますから、たぶんあっという間にやってきます。
古代ギリシャのオリンピックでは、アスリートたちにチーズケーキがふるまわれていたそうです。

ご、強引ですが今月はチーズケーキのお話しです(汗;。

チーズケーキは大きく二種類に分かれますよね。
オリンピックにちなんで、友人のアスリートたちに聞いてみました。

ベークドチーズケーキとレアチーズケーキ、どっちが好き?

「どっちかというと、レアかなあ」
「チーズがより伝わってくるから」

まさかの、ベークドチーズケーキ劣勢・・・。

「56年ぶりに東京で開催されたオリンピック、花形競技のひとつであります、男子100m×4」
「第3ランナーが必死の形相で最終ランナー、ベークドチーズケーキのもとへ駆け込んでくる!」

と、パソコンの前で古館一郎風にブツブツ言っていると、スタッフが変な顔で見ています・・・。
そんなコトは気にせず、この苦境を脱出できるか確認です。

冷やしているのに、まるでできたてのようなふっくら感と、とろける口どけ。
そうです、そうです。うちのベークドチーズケーキは、

隣のレーンを走るレアチーズケーキが焦るほど、濃厚なんです。

そのヒミツは、北海道産、デンマーク産、フランス産の三種類のクリームチーズ。
フレッシュ感があるもの、コクが特徴のもの、なめらかさが際だつもの、それぞれをうまく配合しているからこそ。

それなのに、あと味はさわやかなものだから、いくつでも。
3つめに手を伸ばしたところで我に返るわたくし・・・。

「け、けんこうしんだん・・・」

東京五輪のアスリートたちに、ツマガリのベークドチーズケーキをふるまって、たっくさんのメダルを欲しいと願う中前がお伝えしました。

びっくりするほど暑い日ざしもあるこの頃。午後のホッとしたい時間に「へぇ〜!」と、さわやかな意外性をお楽しみください。

ベークドチーズケーキは8月12日(水)までの期間限定、通販専用商品です。

メールマガジンの登録・解除

メールマガジン バックナンバーに戻る